「キンセイ」をリニューアル、JR西日本と共同で試験運用を開始

2016.2.22

株式会社HAMOLO(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三井隆/以下、HAMOLO)は、見守り位置検索サービス「キンセイ」の端末、及びスマートフォン用アプリを2016年3月中旬にリニューアルしますので、お知らせします。
また、リニューアルに先駆けた試験運用を、西日本旅客鉄道株式会社(大阪府大阪市北区 代表取締役社長:真鍋精志 以下、JR西日本)と共同で、2月22日(月)より開始します。

■リニューアルの特徴
1.キンセイ端末がリニューアルされます。
キンセイ端末を大幅に変更し、子供や高齢者(以下、「見守り対象者」といいます)が、より持ち歩きやすい形状となりました。また、カラーバリエーションが現在の5色から10色へと増えますが、こちらは上下で好きな色同士の組み合わせを選んで注文することが可能です。
また、リニューアルするキンセイアプリを通して、キンセイ端末の電池残量が確認できます。これにより、電池が無くなる前に交換することが可能になるので、より安心して見守り対象者にキンセイ端末を持たせることができます。

2.キンセイアプリに位置情報通知機能が追加されます。
キンセイ端末に反応する「定点レシーバー」を設置した施設(駅や学校等)を見守り対象者が通過すると、PUSH通知やメールにて、その施設を通過したという情報が保護者や介護者等(以下、「保護者等」といいます)に通知されます。
また、従来のキンセイでサポーターとすれ違ったときと同様に、定点レシーバーの近くを通過した場所と時間が、キンセイアプリ内の地図上にも表示されます。なお、定点レシーバーは、自治体さまや企業さまのご協力をいただきながら、順次設置を進めて参ります。

■リニューアル後のキンセイの概要
【キンセイ端末】
サイズ:縦60mm 横36.5mm 厚さ15mm
重量:約18グラム(基盤、電池込の重量)
電池:コイン型リチウム電池「CR2477」×1

【キンセイアプリ】
Android、iOS対応

※端末の販売開始、及びアプリの公開は3月17日を予定しております。
※現在キンセイ公式サイト(http://www.kinsei.io/)より、
 キンセイ端末の事前購入申込を受付けております。

■試験運用の概要
HAMOLOは、JR西日本と共同で、昨年11月より実証実験を行い、駅改札付近でのキンセイ端末及び定点レシーバーの動作等を確認して参りました。
今回、駅や学校等に試験的に定点レシーバーを設置し、お客様(モニター)に実際に本サービスをご利用頂く試験運用を行います。

■試験運用の詳細
1.実施スケジュール
 2016年2月22日(月)〜

2.定点レシーバーの設置箇所
 ・JR西日本の駅3駅(住吉駅、摂津本山駅、甲南山手駅)
 ・神戸市立住吉小学校
3.モニター協力
 神戸市東灘区の小学校を通じて依頼

■会社概要
社名: 株式会社HAMOLO
所在地: 〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル6F
代表者: 代表取締役社長 三井 隆
設立: 2009年11月5日
URL: http://www.hamolo.jp/

社名: 西日本旅客鉄道株式会社
所在地: 〒530-8341 大阪府大阪市北区芝田2-4-24
代表者: 代表取締役社長 真鍋 精志
設立: 1987年4月1日
URL: http://www.westjr.co.jp/

【関連サイト】
見守り位置検索サービス「キンセイ」
http://kinsei.io/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社HAMOLO
担当者名:秋山 太志朗
TEL:03-5291-1260
Email:info@hamolo.jp